小林企画事務所

小林企画事務所

業務内容
work

小林企画事務所とは

開業支援から京都ブランドを活用した
新商品開発、インターネットでの集客、行政や他企業と連携したプロジェクトを提案・サポートします。

情報技術への対応(ICT)

情報技術への対応(ICT)

SNSに代表されるインターネットの活用でお客様との双方向性コミュニケーションを提案します。

独自性の追求

独自性の追求

作れば売れる時代は終わりました。
自社の強みは何か?を考え、大手企業にはない魅力を発掘します。

人と地域とのつながり

人と地域とのつながり

人と地域の連携により
「おたがいさま」の気持ちが信頼と好意的関係を生みます。

WEBショップの運営アドバイス
~ ICT Consulting ~

リスティング広告やフェイスブックなどSNSを活用した集客など、
WEBショップの売上を向上させる取組みのお手伝いをいたします。

  • WEBショップサイトの構築
  • 売上増・集客につながるアドバイス・提案
  • 毎月の運営ミーティングの開催

事例紹介

市内の有名精肉店HとWEBショップの運営・集客アドバイザー契約を結び、
毎月WEBミーティングを開催しています。
通販事業部の確立に向けて、現状の課題の解決や集客・運営のアドバイスを行っています。
前年比120%~150%の売上増につなげています。

 
 

独自商品の開発や広報のお手伝い
~ Branding ~

モノが溢れている中で独自性(●●らしさ)は重要な訴求要素です。
京都ブランドを活用した商品開発や付加価値を付けた商品と商品のPRを行ないます。

  • 商品開発のアドバイスやパッケージの提案
  • OEM提供先や販売先とのコラボのお手伝い
  • 毎月の商品開発ミーティングの開催
  • モンドセレクション申請代行※1
  • プレスリリース、WEBプレスリリースの代行

※1 モンドセレクション=食のノーベル賞と呼ばれる食品品評会

事例紹介

市内の老舗レストランTの焼き菓子に対してモンドセレクション出品を提案させていただき、見事に金賞を受賞し、商品の権威付けと差別化に成功しました。
その他、数多くの商品に対してモンドセレクションの申請代行を行っています。

公的サポートのアドバイス・申請代行
~ Advice Subsidy ~

「地方創生」や「インバウンド対策」などの目的で、
公的に用意されている様々な補助金があります。
適切な補助金の提案・アドバイスから申請代行まで行ないます。

  • 補助金・助成金の提案・アドバイス
  • 補助金・助成金の申請代行

事例紹介

ものづくり補助金や小規模事業補助金などの申請代行を行ない、多くの採択を受けています。
例えば、京都市の委託事業で飲食店を対象にインバウンド対策として外国語習得講座の開講を行ったり、地域のまちづくり支援として多言語ゆびさしBOOKの制作を行ないました。

 

模倣競争や価格競争は会社を疲弊させます。
これからは、それぞれの企業の強みを連携し共に創る体制が求められています。
また、ICTの進歩とともに、提供する側だけではなく、顧客との連携も可能になりました。

さまざまな人が交わり、適切な人がジグソーパズルのように組み合わされることにより、新しい価値を生みだす時代です。

私たちの共創メンバー

WEBショップの運営や京都ブランドを活用した新商品開発、補助金申請代行などを
それぞれのプロフェッショナルなブレーンと共に新しい価値を作り出します。

  • 濱田 伸治
  • 川北 進
  • 平井 文人
  • 政光 順二
  • 坂尻 秀樹
  • 安高 聡
  • 奥田 恵里
  • 小林 新治
  • 小林 亮介

お気軽にご相談ください

お試しビジネスコーチング

モンドセレクション